Overspeed

– プラグラマブルオーバースピードスイッチ

通常、鉄鋼プラントやクレーン設備のようなヘビーデューティーな用途では、過速度の兆候を知るために、インクリメンタルエンコーダの信号を外付けのリレー出力で補完する必要があります。このような方法は、一般的に、負荷の降下を防止したり、モータや機械を機能停止から保護したりするために使用されます。こうすることで、機械の静止や高額な生産ロスを回避することができます。

臨界回転速度限界は、モータのタイプの厳密な仕様および用途によって異なります。そのため、同じ工場内でも、駆動装置によって異なる回転速度限界の設定が必要となる場合があります。これが、Leine & Lindeの総合的なプログラマブルオーバースピードスイッチソリューション、Overspeedが重宝される理由の一つです。

フレキシブルな回転数域0~6000 rpm

Overspeedは、プログラム可能な回転速度検出システムで、即時に回転速度制御が行える異なる4つのリレースイッチを特徴としています。使いやすい同梱のソフトウェアを使用して、過剰回転数、不足回転数、静止、方向など、ユーザー独自の数値を設定します。

0~6000 rpmという回転数域をカバーすることから、Leine & Lindeのソリューションは非常に高いフレキシビリティを提供します。プログラムが可能であるため、特定の用途に合わせて設定することで、同じユニットを異なるインストールに使用することができます。

Overspeedは、800シリーズのエンコーダに組み込むことができ、オプションとして1000シリーズのエンコーダもご利用いただけます。また、個別のモジュールユニットとして、Overspeed Moduleもご用意しています。プログラミングは同梱のPCソフトウェアからUSBを介して行います。