キーデバイス

エンコーダは、生産ラインを構成する数多のコンポーネントの一つであるとともに、モーションコントロールにおけるキーデバイスです。今日のヘビーデューティエンコーダは、スマートで多機能化されると共に、コンパクト化も図られております。サイズ、性能、取付形状 - Leine&Lindeエンコーダは、環境条件が厳しい産業におけるオートメーションシステム及びモーションコントロールに最適です。

最も重要なこと - それは、Leine&Lindeエンコーダが、生産ラインを構成するキーデバイスとして、その役割を発揮することです。

モーションコントロールシステム向けLeine&Lindeエンコーダソリューションをご紹介致します。
使用条件が厳しい環境の中で、モーション制御に必要な高分解能速度データ及び位置データを出力して、効率的なモーション制御を実現させます。

アブソリュートエンコーダでは、機能性の高いフィールドバスインターフェースの採用で、非常に短い位置計測サイクルタイムをサポートします。インクリメンタルエンコーダでは、速度データを出力するだけでなく、内蔵された速度監視システムを使って、お客様がPCを通してプログラム可能な、速度超過スイッチ(リレー出力)としてもお使い出来ます。シンプルなシステム構成が可能となります。

細部に至るまで、お客様のニーズを反映させた設計により、機械的にも、電気的にも、またインターフェースも、容易にお客様のシステムに組み込めるようになっております。

耐久性に優れた設計で、お客様の信頼性に対する期待に応えます。

速度超過 - プログラマブルオーバースピードスイッチ

Leine&Lindeのプラグラマブルオーバースピードスイッチ付エンコーダシステムは、任意に設定した速度で、リレー出力致します。

デュアル出力エンコーダ

Leine&Lindeエンコーダは、インクりメンタルエンコーダ、アブソリュートエンコーダともに、デュアル出力のエンコーダソリューションを提供できます。省スペース化に最適です。

フィールドバスインターフェース

アブソリュートエンコーダの位置値データ通信用に、多様なフィールドバスインターフェースをご用意しております。