安全な動作

FSI 900 – ただの安全なアブソリュートエンコーダーではありません

SIL2/PLd/カテゴリ3の認証を受けた機能的に安全な方法で、速度、加速度及びリミット位置を安全限度内に維持します。FSI 900は、ただのアブソリュートエンコーダではありません。ユーザーの使用状況や要求に焦点をあて、Leine & Lindesの技術を集結した安全ソリューションです。

FSI とは、Functional Safety Integrated、機能安全の統合のことです。FSI900は、回転動作を監視し、ユーザー設定の限度を超えないような、迅速な安全制御に対応しています。統合型フェイルセーフリレーアウトプットを備えたFSI 900は、普通のエンコーダではありません。まさにオールインワンのセーフティーシステムです。

FSI 900は、モーターシャフト、ウインチドラム、ドリル、ロールドラム、ホイールまたは風力タービンでの使用を想定しております。その用途に必要な安全機能を実現するために、FSIは、アブソリュートエンコーダをベースにしています。安全なアブソリュート検出は、機械が再稼働したときに、ポジションを見失うことなく、多回転値も含めた位置データを読み出します。動作が見過ごされることはありません。

FSI Monitorで、間単に安全パラメータ設定

FSI 900は、安全速度、エンドリミット、加速度、または停止を設定および監視します。FSI Monitorというソフトウェアを使った、シンプルで容易なプロセスによって安全限度の設定が可能です。パラメータ設定は、安全コーディネーターが現場で行うことが出来ますので、設定ミスのリスクも最小限に抑えられます。FSI900は、フェイルセーフリレーアウトプットが持っているため、別のコンポーネントを使ったマニュアル的な設定を必要とせず、インストールは円滑に進みます。ユーザのニーズに応じて安全機能がすべて設定可能であることから、内蔵プログラマビリティが、製品に高い柔軟性をもたらします。

制御システムの一部。但し、安全機能を個別に管理します

FSI 900は、エンコーダの速度と位置データの通信用にPROFINETフィールドバスインターフェースをご用意しております。これにより、FSI 900は、制御システムの一部になりますが、同時に、制御システムとは独立して安全機能を処理します。そのため、システムの上位側に使用されているPLCは、安全認証が不要です。PLCへの位置値出力は、安全ループの一部ではありません。PLCへの出力は、通常の汎用的な通信インターフェースとなります。